快適な仮住まいをお約束 簡単楽々仮住まい

仮住まいって何?

仮住まいとは?

仮住まいとは、家の建て替えや大規模なリフォームなどにより工事の期間中、一時的に住む家のことです。

一般的に、建て替えは4ヵ月から6ヵ月程度、リフォームは1ヵ月から4ヵ月程度の仮住まい先を確保しておく必要があり、その期間の入居が可能な賃貸物件を探すことになります。

短期間の賃貸のため、一般の不動産会社では取扱件数が少なく、またマンスリー(月単位)やウィークリー(週単位)マンションでは賃料の総額が割高になることが多いため、テンポラリーハウスの仮住まい専門物件にご入居する方が多いのです。


賢く選べば、テンポラリーハウスの仮住まい物件

テンポラリーハウスの仮住まい専門物件は、1ヵ月から1年までの、仮住まいに必要な期間だけ借りることができます。短期間ご入居されるお客様向けの安心安全な賃貸物件で、例えば退去時も汚損破損がなければ清掃以外の費用はかかりません。


一般の賃貸物件は短期入居は難しい

一般の不動産会社で募集されているアパート・マンションや一戸建てなどのほとんどは、家主さんが長く住んでもらえる入居者を希望しており、短期間の入居の場合は断られる場合が多くあります。


マンスリーマンションよりもお得です

また、短期間の入居が前提のマンスリーマンションは、単身者向けのワンルームが多く、ファミリー向けであっても狭く窮屈な間取りであることが少なくありません。別途トランクルームが必要になることもあり、総額で割高になることが多くあります。

広さに余裕のあるテンポラリーハウス仮住まい物件の方が、トータルのムダな支出を抑えることができます。


関東での仮住まい物件保有数No1

三世代ご一緒の仮住まいに適した大きな一戸建て、単身者や二人暮らしのコンパクトな物件、また家族の一員であるペット可物件や、お車を複数台駐車できる物件など、業界ナンバー1の数を誇る保有物件の中からお客様のニーズにあった仮住まい物件をお選びいただけます。


お客様のご要望をしっかりと受け止め、仮住まい専門ならではの提案ができる、それがテンポラリーハウスです。


一般賃貸・マンスリーマンションとは?

【一般賃貸】

お近くにあるアパート・マンションや一戸建などのほとんどの賃貸物件が一般賃貸です。

2年契約を基本に、更新を繰り返しての長期間賃貸が入居契約の前提のため、1年未満の解約時にペナルティがついたり、 申込みの段階から短期間の入居が断られるケースが少なくありません。

また入居時に内装が綺麗に整備されている場合がほとんどなので、退去時に清掃費用のほか畳の表替え・襖障子・壁クロスの張替え費用など多額の敷金請求や、預け入れた敷金が全額償却される条件付き契約を要求される場合もあります。

※国土交通省のガイドラインでは『故意過失での損耗などの費用負担は年数の経過によって減少していく』=入居期間が短い場合は入居者負祖でも仕方がないとなっています。


【マンスリーマンション】

都心より郊外エリアに点在し、比較的年齢の若い単身赴任者や大学生などが多く住んでいる住居形態です。

礼金や敷金がなく気軽に入居できるかわりに、賃料相場の2倍近くの賃料が設定されていることがほとんどです。また、単身赴任や出張で利用するビジネスマンが主な利用者であるため、ゆとりのない狭い間取りが基本となります。

部屋数が少ないことや家具付きが多いことから、お持ちの家具は別にトランクルームを借りて預けることになり、費用がかさむ場合が多いようです。


お問い合わせいただいた方に、仮住まいガイドをもれなくプレゼント!

ページトップにもどる